NEWS

クラウド会計導入を支援しています

2019/05/14

毎日の記帳や毎月の給与計算、また毎年の年度更新や労働保険料の計算。事業活動が順調に進み、従業員を雇用すれば必ず発生し、事業成長と比例して増えるバックオフィス業務。必死で行っても売上が上がる業務ではないのですが、それでも事業主は必ず行わなければなりません。

かといって難しい、めんどくさいと丸投げしてしまうようでは経営者失格。経営感覚に最も大切な会計や労務の「実務」の基礎知識を損なうことになります。

毎月の給料をいくら従業員に払っているか知らない経営者も多く、また税理士の言いなりで節税に疎く、定額の高い顧問料を取られている太っ腹な経営者も多数見てきました。

弊所では特に中小企業事業主に対してクラウド会計ソフトの導入を強く勧めており、従業員10名を抱える当社でもクラウド会計無しの事業活動は考えられません。

若干数名程度の従業員しかいない事業所で給与計算を間違えると大変なことになると脅され高額な顧問料を社労士に支払ったり、決算書類作成のために税理士に高額な作成料を支払い、本来の経営に必要な資源の配分を圧迫されていませんか?従業員の安い給与計算のために、高い顧問料を払っていませんか?

経営者ならば誰もが持ち合わせている高いコスト意識は、外部の『先生』に支払うためのものではないはずです。従業員の賃金アップや顧客サービス向上のために経営資源は充てるべきです。

マネーフォワードやフリー(freee)を筆頭にクラウド会計ソフトはめまぐるしいバージョンアップを繰り返し、いまや上場会社を含めたすべての事業に柔軟に対応できつつあり、また国の推進するIT化、生産性向上の号令に追い風をうけ、1/2~2/3までの経費補助となる各補助金が用意されていたりと、格安で、国のIT関連補助金の受給可能性が高く、初期設定さえ整えておけば誰にでも簡単なクラウド会計ソフトを導入しない手はありません。

今や私たち社会保険労務士も給与計算、社会保険得喪、定時決定や規則作成の代行だけで顧問料をいただく時代ではありません。高額な顧問料を払って外注するしかなかったひと昔前と違って、簿記や賃金計算など、答えが一つの計算関係業務はテクノロジーによって平準化され、もはや創造力のある人間の行う業務ではなくなっています。

もっとクリエイティブで、経営者のひらめきや従業員の待遇に投資を繰り返し、事業を伸ばしていくことの重要性はだれの目にも明らかです。

弊所ではクラウド会計ソフトの選定、導入サポートから運用後の調整、また対応しきれない各種申請書類(社会保険得喪届等)や様々なテクノロジーの活用方法を指南することで、自立した組織づくりを支援しています。クラウド会計に否定的な(理解できない)専門家に頼っていて大丈夫でしょうか。助成金や補助金は怪しいカネでしょうか。真面目にむしり取られているようではだれも幸福にできません。

 

弊所は無駄な経費と必要な経費感覚に解をもってコンサルティングし、業績の向上した明るい未来で高額な報酬を受け取ります。

 

▲お問い合わせ▲

 

▲一覧に戻る▲

▲トップページへ戻る▲