NEWS

【管理職研修】部下を成長させる上司の育成は組織運営の要!

2019/06/25

管理職の育成は組織運営の最重要事項です!

事業の収益化も見え始め、10名程度の従業員となるころから意識し始める責任者の設置。

小規模事業者であれば社長がすべてを行えば賄えますが、規模の増加とともに権限の委譲を考え、経営者としてはさらなる事業成長のための施策や重要な決断を進めていかなければなりません。しかし、優秀なプレイヤーだった従業員も管理職となると全く部下を育成できず、場合によっては大量離職によって『任命を誤った』という結論に至る事業者も多くあります。そしてビジネスの現場ではプレイヤー兼マネージャーでは部下の主体性を促すことはできません。中小企業においては、優秀なリーダーは自社で正しく教育し、育成していく以外に無く、外部から突然知らない上司が来て実務を知らないまま一方的に命令されることは、古くからの従業員のモチベーションを下げ、上司ばかりが空回りし組織を瓦解させる失敗例は皆さまの身近にも起きているはずです。

あらゆる企業で人材不足が迫っており、理解ある管理職者の不在、コンプライアンス意識の低下、マネジメント知識の欠落は営業収益の低下はもちろん、人手不足をさらに加速させ、またパワハラ、セクハラや未払い残業代の発生など、労働紛争のリスクを増大させます。ハラスメント防止対策

「成長は各自に任せているから大丈夫」

「仕事は先輩社員を見て覚えるように言っている」

「場合によっては叱る必要もある」

「自分のやり方が最も正しい方法」

「結果を出すことが上司の仕事」

このような考え方は正しいように聞こえるかもしれませんが、部下育成の基礎知識や経験、スキルを学ばないままの上司が発言しているとすれば、極めて危険な考え方です。管理職の昇給試験やリーダーシップ研修を随時実施している大企業とは異なり、中小企業では肩書のある立場を与えられたとしても、誰からも教えられないまま自己流で模索するしかないため仕方のないことかもしれません。

しかし優秀な管理職の育成は、会社の成長性、組織の生産性、人材の定着性、事業のリスク回避、また、事業主自身の負担軽減にも大きな影響があり、管理職者の優劣によって事業の成長性が大きく影響します。管理職育成の取り組みに早すぎるということはありません。また自社では見えない問題点や直接では言いづらいことも、外部専門家を活用する事で顕在化し、早めの対策を講じることができます。

制度や規則だけを整備しても会社が良くなることはありません。道具は使う人を正しく育成して初めて役に立ちます。

弊所では中小事業主に向けた管理職研修としてまずは意識改革と心構えから、将来経営者の右腕となれるような高度な経営知識を身に着けるまで。そしてリーダーがリーダーを育成し、組織で働く従業員がそれぞれ持ちうる最高のパフォーマンスの発揮できる職場へ。経営幹部、管理職育成に取り組む事業主を専門家チームで支援いたします。

※料金はめやすです。

 

組織活性化を目的とした管理職研修です。部下に慈悲があり、関連法律に詳しく、組織を重んじ、会社に貢献できる集団のリーダー育成に向けて研修を承ります。研修以外にも個別相談の他、組織運営や規則類、採用関連については初回無料で相談を承ります。セミナーや研修内容のご希望を確認後、目的に沿ったご提案とお見積りを提出いたします。(弁護士・税理士・行政書士・公認会計士・中小企業診断士や経営者等外部講師をお呼びする場合があります。)

 

 

➡お問合せフォームへ

■お電話でのお問い合わせ

☎:06-6306-4864

 

《関連記事》

➡社内コミュニケーションを高めて組織を活性化しよう!

➡残業削減を失敗させない!業績を向上させる「残業削減コンサルティング」

➡サバティカル休暇導入の注意点!せっかくの制度が逆効果に!?

➡ハラスメント防止対策・相談窓口は外部委託が効果的です!

➡中小企業こそ従業員満足度調査を!人材不足に効果的なESサービス

 

 

▲一覧に戻る▲

 

▲トップページへ戻る▲