NEWS

なぜ零細企業の当社に応募者が殺到するのか【個別相談】

2019/06/07

あらゆる事業者に迫る採用難と人材不足。事業活動の根幹を支える従業員なくしては優れた事業性であっても決して実現することはありません。

弊所は従業員10名未満、売上数千万円程度の中小零細事業者で、大した待遇ではありませんが、年間300名を超える応募者に恵まれ、人事に悩んでも、人材不足に悩むことはありません。

なぜ、中小企業のなかでも零細企業の当社が、大した広告費用もかけず、人材派遣も利用せず、直接雇用で圧倒的な数の応募者を獲得しているのか?

当社のノウハウ(求人票)は公開されていますので勝手にパクっていただき、パクり方がわからない方には個別相談にも応じています。人材不足倒産は考えを改めることで回避できます。

 

相談料

5,000円/1時間(電話相談は無料)

 

参加資格

人事執行権者

(代表取締役の他、採用・昇給等に直接携わる人事執行権をお持ちの方に限ります)

 

研修内容

Step1:労働環境を見直す

優秀な人材獲得のためには数多くの応募者を選考する事が必要なことは言うまでもありませんが、そもそも人が集まらない会社では選考すらできません。応募者を獲得するためには魅力的で働きやすい職場環境を構築することがまず優先すべき事項で、自己流、自社独自の職場環境では人材は集まりません。今一度職場を見渡し、労働関連法(労働基準法・安全衛生法・雇用関連法等)との客観性を照合し、適法・適切な職場環境づくりを始めなければなりません。怪しい職場と思われれば一発離脱、二度と興味を持っていただけることはありません。和気あいあいのキラキラ楽しい職場をアピールしても集まるのは子供だけ。具体性の無い求人に優秀な人材は集まりません。未払い残業代の調査、年所定休日数、有給休暇消化率、年間総実労働時間。最低でもこれら労働関連指数の実態を把握し改善に取り組みましょう。権限の独立したハラスメント相談窓口を設置し、撲滅への取り組みを社内でアピールすることも必要です。

 

Step2:他社を真似する

求職者に訴求する求人票とはどんな内容でしょうか。そんな難しいことを考えず、まず高い実績のある求人票を真似しましょう。

応募者の殺到する当社の求人票(株式会社RESUSで検索)は【インディード(indeed)】、【ハローワーク】から誰でも勝手に取得できますので、そのままコピーして自社用に改編してみましょう。掲載先は無料で開始できるもので十分です。無駄な広告費用を払うなら、待遇改善に投資するのが正解です。

①インディードへの直接投稿(無料枠またはクリック単価を抑えて)

②エンゲージ(engage)での求人票作成でクローラー対策

③念のためハローワーク

※優秀な技術者は応募に慎重です。ハローワーク求人もチェックして労働条件を照合されていますので、応募は無くてもハロワへ届出しておくべきです。

 

Step3:選考する

応募が来ると浮足立ってすぐに採用したくなりますが、採用後ミスマッチの無いように慎重な選考が必要です。

必要であれば弊所で応募者選考に関する助言も実施しますが、採用するかしないかのステージまで行けば後は企業独自の基準があるはずですので好きに選考してください。当然、労働条件通知書、雇用契約書も採用形態に合わせて複数用意が必要です。併せて、雇用を進める場合には前もって雇用関連助成金の対象となる可能性が極めて高いため、助成金受給も計画しておくと採用に弾みがつきます。

 

採用難で困り果てて外部専門家や求人媒体に大金を払っている事業主を多く見かけますが間違いです。大切な経営資金は外部に払わず、社内の福利厚生制度や賃金等の従業員関連施策に投資することが人材不足解消の最善策です。まず考えを改めましょう。職場はなかなか変わるものではありませんが、ちょっとしたことでも変わったな、よくなったな、と社員たちが思ってくれれば定着性も改善し、いい社員たちがいい社員を呼んでくるのが組織です。中小企業が採用難を回避する方法は、従業員第一主義への転換しかありません。従業員に愛される職場づくりは、事業主のあなたしかできません。

 

▲相談してみる▲

 

▲一覧に戻る▲

▲トップページへ戻る▲